トラヘル・ハワイ

透析施設のご紹介

Liberty-Hawaii(リバティー・ハワイ)透析センター
透析患者様に朗報! ハワイ旅行ができます!

 Liberty-Dialysis Hawaii(正式名称:FMC North America)はフレゼニウス メディカル ケア(FMC)というドイツに本社がある世界屈指の透析医療機器メーカが運営する透析センターです。FMCの透析センター(ハワイ州では呼称として:Liberty-Hawaii)はハワイ州だけで26箇所の透析施設があり、ハワイ州では最大規模のネットワークとなっています。すなわちハワイ島、マウイ島、カウアイ島などのオアフ島以外の他島でも透析を受ける事ができます。(カパフル透析センターなどのDSI社系透析センターはオアフ島にしか透析センターがなく、他島では透析ができません)
また、FMCは世界有数の透析医療機器メーカーでもありますので、自社の透析装置、ダイアライザー等の医療機器を用いてスタッフが透析治療に当たっていますので、これぞまさに世界基準<グローバルスタンダード>の透析治療を受ける事ができます。
透析施設外観
ゆったりした空間の透析室
FMC透析施設の外観
ゆったりした空間の透析室内
 日本の透析センターとは異なりハワイの透析センターではリクライニングチェアー(180°フルフラットになります)での透析治療となります。このチェアーの間隔も広く取ってあり、患者間のプライバシーに配慮したものとなっています。但し、透析室内は冷房がやや低めに設定されていますので、防寒対策が必要と思われます。

アラモアナ透析センター

 FMC-アラモアナ透析センターは2017年秋にOPENしたハワイの中で一番新しい透析センターです。透析チェアーはたった3席のみで、ハワイ在住の透析患者は利用しない、プライベート(VIP専用の完全予約制:3シフト×3席=9名/日の枠が私たちに確保されている)透析センターです。また、アラモアナ透析センターには日本人看護師も配属されており、24時間中日本語テレビが見る事ができる個別テレビが設置され、その他にも無料WIFIや、ハワイには珍しくトイレにオシュレットまで設置された日本人の旅行透析患者には最適の透析センターとなっています。弊社では現在ホノルル滞在の患者様にはこの透析センターをご利用頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アラモアナの日本人看護師
アラモアナの外観
アラモナの室内
アラモアナ透析センター
の日本人看護師(右側)
アラモアナ透析センター
の外観(ビルの3階)
アラモアナ透析センター
の室内(日本語放送のTV)